島田市|動物病院|星の動物クリニック|トリミング|静岡県|狂犬病|フィラリア|ドッグラン|小型犬|猫|室内犬|

qrcode.png
http://www.hoshino-vet.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

星の動物クリニック
静岡県島田市野田100
TEL.0547-33-3300
FAX.0547-36-2513
──────────────
1.動物病院
2.トリミング
3.セルフシャンプー
4.ドッグラン
──────────────
動物取扱業 登録番号

保管業 第227208018号

星野匡伸   

登録年月日

平成21年3月24日

有効期限

平成36年3月23日

353437
 

院長の日誌

 

徒然なるままに

徒然なるままに
フォーム
 
【中止】令和2年度狂犬病予防集合注射のお知らせ
2020-04-02

 



早いもので、卯月を迎えました。


4月と言ったらワンちゃんの狂犬病予防月間です。

島田市では、昨年から5月に狂犬病予防集合注射を実施しています。

しかしながら今年度は新型コロナウイルス感染予防のため『中止』となりました。

飼い犬への年1回の狂犬病予防注射は法律で義務づけられていますので、

必ず動物病院で注射を受けましょう。


野外の会場でしか注射を経験していない飼い主様は

衛生的な病院内での接種がベターだと認識する機会だと思います。

敷居が高いとは思わずにぜひ最寄りの動物病院に出かけましょう!


**********************************************************

処置室用の天井吊下げ型ライトが開業以来頑張って来ましたが、

先日いよいよリタイアしました。

新たに購入すると大出費です(泣)


近所の電気工事屋(私の懐事情を知っている)さんに相談したところ

本当にお安く、しかもスッキリと処置室に収まりました。

 
寄生虫対策始めましょう!犬編
2020-03-25

 







すっかり春めいてきました。

愛犬の寄生虫対策を始める季節となりました。

フィラリア予防のみではなくノミ・マダニ・お腹の虫も気をつけましょう!


当院では今月末(あと1週間ですが)まで、

フィラリア予防前の血液検査をキャンペーン価格の20%OFFで実施しています。

ぜひこの時期にご利用ください。


**********************************************************
 
寄生虫対策始めましょう! 猫編
2020-03-10

 



蚊が媒介するフィラリア症やマダニが媒介するSFTS(重症熱性血小板減少症候群)での

死亡例が報告されています。


蚊は窓から侵入したり、マダニは靴について室内に持ち込まれることも。

室内猫でも寄生虫対策は重要です。


ネコのSFTSの致死率は約60%

人の死亡例は約20%


静岡県でもSFTSウイルス遺伝子陽性マダニが確認されています。


フィラリア・ノミ・マダニ・お腹の虫といろんな種類の寄生虫の脅威が心配です。

最も多くの寄生虫対策が一度にできるオールインワンのお薬があります。


ぜひご相談ください。


**********************************************************

先月末くらいから家の周りの山からウグイスが鳴き始めました。

庭の桜の木にはメジロも姿を現しています。



春を告げる鳥が山々に美しい声でさえずるようになりました。


新型コロナウイルスがこの春には終息することを祈りたい今日この頃です。
 
飼い主感染時は犬猫接触避けて=新型コロナで獣医師会
2020-02-27

 

 

新型コロナウィルスというワードを聞かない日はない昨今。

皆様は何か対策をされてますか?

それとも特に気にしないといった感じでしょうか?

「犬や猫にはうつらないの?」と最近患者様より聞かれる機会が増えました。

本日ニュース記事がありましたので転記します。




2020年2月27日 14時30分

北海道獣医師会は27日までに、新型コロナウイルス感染について、

犬や猫の飼い主に向けた注意文をホームページ(HP)に掲載した。

犬や猫が感染したり、媒介したりすることはないと指摘。

ただ、ウイルスが突然変異を起こす可能性が否定できないため、

飼い主が感染したら接触を避け、マスクを着用するよう勧めている。

東京都獣医師会も同様の注意文をHPに掲載。

飼い主が感染して入院する場合、ペットを自宅に残して知人などに世話を依頼する方法は

依頼先が感染する恐れがあるため勧められないとし、ペットを外部に預けるよう求めている。

また、ペットが感染者と濃厚接触した後に体調が悪くなり、

かかりつけの動物病院に連れて行く際は、必ず事前に電話するよう注意している。


世界小動物獣医師会(WSAVA)がHPで公表した見解によると、

これまで犬や猫が感染することが知られるのは「アルファコロナウイルス」であり、

犬は軽い下痢、猫は伝染性腹膜炎を起こす。

人の新型は種類が違う「ベータコロナウイルス」で、犬や猫が感染する証拠はない。

しかし、事態は急速に進展しており、最新情報に注意が必要という。 

時事通信社



「恐怖と不安」がウイルスを呼び込むと誰かが言っていました。

ウイルスを跳ね返す気概を持って、この難局を乗り越えたいものですね。

**********************************************************

今日の午後、とある会の例会に出席。

私くらいの年代ならわかる永遠のマドンナの講演を聴講してきました。



思っていた通りの素敵な女優さんでした。
 
通年予防がオススメです
2020-02-14

 



昨日は暑かったですね。

本当に2月かしらと思えるほどの気候でした。

駐車場の看板下の河津桜も見ごろですemoji49


最近は環境や気候の変動などが原因で蚊が冬でも発生しています。

フィラリアを媒介する蚊は成虫で越冬し屋内を好むため、

冬でも環境が整えば繁殖して年中無休で活動しています。


フィラリアから、ワンちゃん、ネコちゃんを守るには、フィラリアのお薬の「通年投与」

つまり毎月、一年中の投与がオススメです。


確かに飼い主様の考えも年々変わっているようで、

毎月冬中でもフィラリアのお薬を購入する方が増えてきました。

この冬、フィラリア1年予防注射をするワンちゃんも昨年より多いのも頷けます。


猫の飼い主様も予防意識が高くなっっていますね。


春を待たずに動物病院に行きましょう!
<<星の動物クリニック>> 〒427-0007 静岡県島田市野田100 TEL:0547-33-3300 FAX:0547-36-2513